NSCLCの新分子ドライバーの標的化 - prIME Oncology
Webcast
Webcast

NSCLCの新分子ドライバーの標的化

拡大鏡下で新たに得られたデータ

Not a member of My prIME? Join now for instant access.

活動概要 このウェブ放送は、非小細胞肺癌

(NSCLC)内の新しい対応可能なドライバー分子に対する、新しい標的治療の選択肢に焦点を当てています。

専門教授陣が 、次世代シークエンシングと液体生検、新たに出てきた物質の新規データ、およびこれら新たなデータを臨床診療にどのように適用すべきかなど、分子検査についての進捗状況を紹介します。

Interactive Presentation

Interactive Presentation

Downloadable Slides

Downloadable Slides

IME

IME

Release Date

Release Date

Feb 28, 2019

Expiration Date

Feb 28, 2020

肺癌の日常臨床マネージメントに広範囲分子プロファイリングを組み込む上でのなぜ, いつ, そしてどのように
Ming Sound Tsao, MD, FRCPC

c-METを標的にした進行 非小細胞肺癌
Terufumi Kato, MD

HER2、 RET、およびNTRKを標的とした治療戦略
Tony Mok, MD, FRCPC

EGFR-TKI 獲得耐性を標的にする戦略:T790M 変異の、その先へ
James C-H Yang, MD, PhD

prIME Points™
Tony Mok, MD, FRCPC

  • Terufumi Kato, MDKanagawa Cancer Center
    Yokohama, Japan
  • Tony Mok, MD, FRCPThe Chinese University of Hong Kong
    Hong Kong, China
  • Ming Sound Tsao, MD, FRCPCPrincess Margaret Cancer Center
    Toronto, Ontario, Canada
  • James C-H Yang, MD, PhDNational Taiwan University Hospital
    National Taiwan University Cancer Center
    Taipei, Taiwan

この教育活動は、腫瘍内科医、放射線腫瘍医、胸部外科医、呼吸器科医、病理学者、腫瘍学研究員、およびアジアの肺癌患者の管理に携わるその他のヘルスケア専門家を対象としています。

この教育活動の成功裏に習得すれば、参加者は次のことが出来るようになります。

  • 次世代シークエンシング (NGS) と液体生検の利用を含む、NSCLCでの分子検査方法の評価および適用
  • MET 増幅およびエクソン14スキップ変異のような潜在的な新しい対応可能な腫瘍のドライバー遺伝子の役割の評価
  • 稀なドライバー遺伝子変異を有する患者における新たに出てきた作用因子の効力と安全データの分析
  • EGFR TKIs (チロンシンキナーゼ阻害薬)への獲得耐性のメカニズムと耐性を克服する戦略の説明

この教育活動はドイツ、ダルムシュタット市のMerck KGaAからの助成金によって支援されています。

独立医療教育(IME)

このIME教育活動はprIME オンコロジーによって企画されています。この教育活動は患者ケアの向上のために、学習者の能力やパフォーマンスを高めることを主な目的とし、エビデンスに基づいた、バランスのとれた、商業的偏見のない内容を提供しています 。

提供者

この教育活動はprIME オンコロジーによって提供されています。

開示

関連する 財政関係の開示

prIME, a Medscape Oncology Company、その講師、企画者、管理者、および この教育活動 を管理する立場にある個人に関連する財政関係を評価します。すべての潜在的な利益相反は、患者ケアの推奨事項と同様に、データの公平性、バランス、および科学的な客観性に関して、prIME , a Medscape Oncology Companyにって厳格に検証されます。prIME, a Medscape Oncology Company、学習者に質の高い教育活動と、商業団体の具体的な商業ビジネスの利益ではなく、ヘルスケアの発展とクオリティを促進する関連資料の提供を約束しています。

加藤博士は Eli Lillyで配偶者が雇用されていることを開示しました。また同博士は、AbbVie、AstraZeneca、Boehringer Ingelheim、Bristol-Myers Squibb、中外製薬、Eli Lilly、 MSD、Novartis、小野薬品、Pfizer、Quintiles、 F. Hoffmann-La Roche Ltd、および大鳳薬品工業から販売促進講演者事務局として講演謝礼金の受領を開示しました。同博士はまた、AbbVie、Astellas、AstraZeneca、Bristol-Myers Squibb、中外製薬、Eli Lilly、協和発酵キリン、Merck Serono、MSD、小野薬品、Pfizer、Quintiles、およびParexelと独立契約を結んでいることを開示しました。同博士は、AstraZeneca、Boehringer Ingelheim、中外製薬 、Eli Lilly、MSD、そして小野薬品の諮問委員会および調査委員会のメンバーであることを開示しました。同博士は、プレゼンテーションの中で言及する医薬品や製品の未標識/未承認利用の開示に同意しました。

Mok 博士は、ASCO、アジア胸部腫瘍臨床研究機構(ATORG)、Chinese Lung Cancer Research Foundation Ltd.、中国臨床腫瘍学会(CSCO)、香港癌治療学会 (HKCTS) 、 Hutchison Chi-MedIASLC、およびSt. Stephen’s College & Prep.の理事会メンバーであることを開示しました。学校香港。同博士はまた、AstraZeneca、ACEA Biosciences Inc、Boehringer Ingelheim、Bristol-Myers Squibb、Celgene、Eli Lilly、Fishawack Facilitate Ltd、Hengrui Therapeutics Inc.、Hutchison Chi-Med、Ignyta, Inc.、Janssen、Merck Serono、MSD、Novartis、OncoGenex Pharmaceuticals, Inc.、OrigiMed、Pfizer、Roche/Genentech、Sanofi-Aventis R&D、SFJ Pharmaceutical、武田オンコロジー事業部、Vertex Pharmaceuticals、およびYuhan Corporationからの諮問委員会と公開講演のコンサルタント料を開示しました。同博士は、AstraZeneca、Boehringer Ingelheim、Bristol-Myers Squibb、Clovis Oncology、MSD、Novartis、Pfizer、 Roche、SFJ Pharmaceuticals、およびXcoveryと独立契約を結んでいることを開示しました。同博士は、Hutchison Chi-Med and Sanomics Ltdの持分権を開示しました。彼はAstraZeneca、Boehringer Ingelheim、Bristol-Myers Squibb、Eli Lilly、MSD、Novartis、 Pfizer、Roche/Genentech、大鳳薬品工業、および武田オンコロジー事業部の公開講演やシンポジウム会議での公演や講義を開示しました。彼は、プレゼンテーションの中で言及された医薬品や製品の未標識/未承認利用の開示に同意しました。

Tsao博士はAbbVie、AstraZeneca、Bristol-Myers Squibb、Celgene、Merck、および Pfizerからのコンサルタント料を開示しました。同博士はまた、AstraZenecaと独立契約を結んでいることを開示しました。彼はMerckのための講演と講義を開示しました。彼は、プレゼンテーションの中で言及された医薬品や製品の未標識/未承認利用の開示に同意しました。

Yang博士は、Astellas、 AstraZeneca、Bayer、 Bristol-Myers Squibb、Boehringer Ingelheim、Celgene、第一三共、Eli Lilly、Hansoh Pharmaceutical、Merck Serono、 Merrimack、 MSD、 Novartis、小野薬品、Pfizer、 Roche/Genentech/中外製薬、武田薬品、およびYuhan Pharmaceuticalsへの有償の諮問委員会への講演および参加に対する謝礼の受領を開示しました。彼は、プレゼンテーションの中で言及された医薬品や製品の未標識/未承認利用の開示に同意しました。

prIME, a Medscape Oncology Company 従業員は以下を開示しています

  • Bojana Pajk医学博士、MSc(医療ディレクター、コンテンツ確認者/プランナー)― 利害関係なし
  • Amy Furedy、登録正看護師、OCN(科学的コンテンツ確認者/プランナー)― 利害関係なし
  • Jessica Mastrodomenico、MPH(編集コンテンツ確認者)― 利害関係なし

未標識使用に関する開示

この教育活動は、アメリカ食品医薬品局や欧州医薬品庁によって指示が出ていない、発表されている考察および/あるいは医薬品の調整的使用に関する内容が含まれている可能性があります。承認されている症状、禁忌、警告について、議論された各製品に関しては、公式処方情報を参照してください。

免責条項

参加者には、新しく得た情報を利用し、患者の転帰や参加者自身の専門能力を発展させる暗黙の責任があります。この教育活動で示された情報は、患者管理のガイドラインの代わりとなるものではありません。この教育活動で議論や提案された、いかなる処置、薬物療法、もしくは他の診断や治療のコースも、 患者の状態、および使用にあたって禁忌や危険の可能性の評価、該当する製造会社の製品情報の確認、ならびに他の当局の推薦事項と比較することなく、臨床医が使用するべきではありません。